外人紳士ふたり仲間

何となく最初ウィークほどまえに、びっくりすることがありました。笑

必須を終えて、帰郷しようと思ったところ、俄然ゲンコツをつかまれました。

ほんとにびっくりして、振り返ると、そこにいたのが40費用くらいの、外人紳士ふたり仲間でした。

「相手方いともわたしの仲間だ。」
「ちょっとだけ申し立ていいですか?」

カタコトな日本語で話し掛けられました。笑

あたしは急いで舞い戻りたかったので、断り続けていたのですが、流石、外国の男の人は、どうしても執念深いだ。笑

ゲンコツも離してくれませんし、
「帰ります。」
と冷たく言い放っても、引き下がろうともせず、ひたすらに
「相手方わたしの仲間だ。」
と言われる対処。

あー再びしつこい。帰りたいのに。と思いながら、予行をつい見ると、耐えるあたしを無残な瞳で探る、邦人紳士たち、、、。笑

実質、最終的には、
「帰ります。」
「期間がありません。」
と言って離してもらえたのですが、外国のお客のPMAは、凄いな、ってあらためて感じたお天道様でした。

邦人の男の人は、断然PMAがなさすぎてダメだなぁ。といった。。

そこで助けるくらいの勇気があれば、邦人のダディも捨てたもんじゃないなぁって思えたのですが、もちろんの邦人ですなぁ、と。笑

すこし驚きなお天道様であり、あらためて気づかされたお天道様でもあり、邦人男性にしょんぼりさせられたお天道様でもありました。笑

外人紳士の積極的なところは、最も邦人男性にも、すこしは見習ってほしいですね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です