ちんぷんかんぷん

最近暇なので本読みをしている。ライブラリーを利用してるのだか、読みたいテキストがあったらネットで予約できるので甚だしく手軽です。ベストセラーは仕度保留で1層以来なるやり方もあるのでそういうのは避けている。最近読ん生じるテキストはホリエモンの「監獄なう時節2」服役内側の手帳ですか、シャバにおける方によって考えたり仕事したりしてるのが凄い。時事戯言のオピニオンも書いてあるが、前の文字なので事象が無いのと通常文字を決して見ないのでちんぷんかんぷん。僕はあっそって想う事もホリエモンは正しく説を持って書いてあるから強いと思った。ちょこちょこってマンガもあるので太いけど読みやすいが依然終わりそうにない。
目下、久々に近所のライブラリーへ行った。しょうもないライブラリーなので普段はちょこっと離れた大きなライブラリーへ行く事が多い。断じてテキスト置いてないのだかついつい「日本の一際愛らしいライブラリー」というテキストを見つけとっとと読んでみた。うちの県内も洒落たライブラリーいくつかあるが、こういうテキストに載ってたライブラリーはどれも凄すぎる!秋田県のインターナショナルカルチャーカレッジ中嶋土産ライブラリーの傘ものの大屋根がひどく綺麗ですさまじさがある。「テキストのコロセウム」ぴったりの言葉づかいです。好きなテキストに巡り会えるといったスピリットがウキウキする。本当は買った方が素晴らしいんだろうけど、金銭的に手狭ので、今は我慢している。しばしスペースができたら好きなテキスト買って、テキストに囲まれた人生を送りたい。一家にバリアだと言われるだろうが気にしないでおこうという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です